おゆにっき

ふたり暮らしの生活で気づいたあれこれをまとめています。

パートナーシップ宣誓書を発行しました【同性カップル・事実婚】

私は今、同性のパートナーと生活しています。パートナーシップ宣誓を行ってしばらく経ったので、実際してみてどうだったかを書いておこうと思います。

 

パートナーシップ宣誓とは

パートナーシップ証明は、法律上の婚姻とは異なるものとして、男女の婚姻関係と異ならない程度の実質を備えた、戸籍上の性別が同じ二者間の社会生活における関係を「パートナーシップ」と定義し、一定の条件を満たした場合にパートナーの関係であることを証明するものです。

渋谷区ホームページより引用)

 

同性・異性を問わず、互いを人生のパートナーとする二者のパートナーシップの宣誓を証明するものです。

市は、宣誓者の申請があるときには、「パートナーシップ宣誓証明書」及び「パートナーシップ宣誓証明カード」を交付します。

千葉市ホームページより引用)

「パートナーシップ制度」と呼ばれる、各自治体が施行している制度のひとつです。

「婚姻に準ずる関係」という公認が自治体から与えられるもので、もちろん法律で整備された結婚とは違うものになります。

この制度を利用する人たちの多くは日本ではまだ法的に結婚が認められていない同性カップルだろうなと体感していますが、自治体によっては(上記の千葉市のように)性別の条件なく、お互いの「パートナーシップを結ぶ」という合意があれば制度を利用できるところもあります。

この制度に法的な結婚のように何らかの保障や戸籍の移動はありませんが、現状文字どおり「このひとをパートナーとして生きていきます」という宣言のため、自治体内での居住や医療における不安を軽くするシステムとしての面が大きいように思います。

パートナーシップ制度を導入している自治体の管轄内であれば、証明書を提示することで市営の住宅や病院、霊苑の利用時に関係者として扱うなど、結婚しない、あるいはできないことで抱える問題のいくつかを解消でき(ることがあり)ます。※まだそこまでの経験がないため、フワッとした書き方になっています。すみません

先日の札幌地裁の違憲判決のニュースなどもあり、少しずつ社会は変化してきているなと感じますが、そうした流れの中でパートナーシップ宣誓制度についても導入する自治体が増えてきているように思います。

 

宣誓までの手順

これからこの人と一緒に生きていきたいなと思うけど、結婚が今すぐできるわけではないし。

ということで思い切ってパートナーシップ制度を利用してみることにしました。正直自分たちへの証明が欲しいなという気持ちで利用を決めたことでしたが、結果的に沢山の人がお祝いしてくれることになって本当に嬉しかったです。

 

①住んでいる場所または引っ越し先で宣誓ができるか確認する

まず自治体がこの制度を導入していないと利用できないので、自分たちが住んでいる場所がパートナーシップ制度を導入しているかどうか確認します。

引っ越す予定があって、その場所で宣誓したい人は転入予定があれば引っ越す前から宣誓書を発行してくれる自治体もあります。

 

samesexpartnership.wixsite.com

 

 

②電話かメールでパートナーシップ宣誓を行いたい旨連絡する

自治体の案内のページに担当の課の電話番号やメールアドレスが記載されているので、連絡します。

最初の連絡はメールで、そのあと本人確認も兼ねてかお電話がかかってきました。(セクシャリティについて何か聞かれることはないはずですので、安心してほしいです)

パートナーと私の名前や宣誓したい日時を担当の方と再確認して、予約完了です。そんなに難しくないです。勇気はいったけど対応してくれた方もとっても明るくて嬉しかったです。

 

③パートナーと役所に行く

当日にどきどきしながら役所に向かいます。

一番どきどきしたのは持ち物に不備がないかどうかでした。ときめきイベントも手続がうまくいかなかったら成立しませんものね。

パートナーシップ宣誓制度も結婚とは違う制度とはいえ市区内ではある程度意味のある制度になるので、個人証明ができるものが必要になります。

持ち物(必要書類)リスト

写真つきの身分証明書

 保険証やパスポート、マイナンバーカードや運転免許証など写真がついているもの。住所の確認もこれでします。

 

戸籍謄本

 自分が現在「独身であること」を証明するために必要です。

【重要】戸籍謄本は本籍地に申請しないといけないので、マイナンバーカードがあってコンビニ発行できる人以外は余裕をもって申請しておく必要があります。郵送で申請書を送り、戸籍謄本が返ってくるまで1週間は見るといいと思います!

 

 これが二人分必要になるので、パートナーとしっかりひとつひとつ確認しておきたいところです。

 

④証明書をもらって、登録完了

書類に不備がないことが確認出来たら、役所の方がいよいよ「パートナーシップ証明書」を発行してくれます。これを受け取って基本的には終了です。お疲れ様でした。

私たちの発行したところでは、「証明カード」も併せていただくことができました。お財布に入れられるので、連絡先を示すカードとしても利用できるかなと思います。

 

パートナーシップ宣誓をしてみて

よかったこと

 パートナー同士であることの実感がわいた

指輪だったり同棲開始初日だったり、パートナーがいるんだなと実感する瞬間って色々あると思うのですが、これもまたそうした実感がわくイベントのひとつであったことは間違いないです。

これからこの国がどうなるかわかりませんし、制度としてどうあるべきかみたいなところはたくさん議論がされてほしい(もちろん結婚が認められたらこんなに嬉しいことはないです)ですが、もしものとき、暮らしのこと、最低ラインの不安な点に少しでも安心材料が増えるのはやっぱりありがたいことだなと思いました。

あと普通に浮かれました。

報告したら沢山お祝いしてもらえた

これは環境にもよるかと思うのですが、職場や友人に報告したらハチャメチャお祝いの言葉をくれたりプレゼントをいただいたりして、ちょっと泣きました。

これは本当に嬉しかったです。

職場も緊急連絡先としてパートナーの連絡先を記録しておいてくれたり、本当にありがたいことだなと感じました。

 

個人的に課題になるなと思うこと

引っ越したら証明書の効果がなくなる

市や区のレベルでの制度なので、お引越ししたらその旨を役所に伝える必要があります。一度発行した証明はそれで失効してしまい、新たな引っ越し先で改めて証明書を発行してもらう必要があります。

これは少しさみしいですね…。とはいえ今はそうするしかないんですけど!

 

この制度だけで何十年も先のことを見据えて動くのは難しい

どうしても法的婚のように戸籍が移動して「当たり前に身内として扱われる」というわけではないので、相続などのお金の動きも含めた長期スパンでの人生設計は一人で生きていくことと同じように考えないといけないかなあと感じます。

一番心配なのは一緒に暮らすときの審査や入院時の面会、保険などですね。こういうことはそうそうあることでもないんですけど、日々の暮らしの中で「この人は私の家族です」と言うとき、相手の優しさを信じるしかないので毎回祈るような気持ちで相手に伝えているのは確かです。

 

いつか自治体レベルではなく、全国的に性別の括りなく結婚したい人たちが結婚できたり、結婚を迷っているけど子育てにも挑戦したい人たちの背中を押すようなシステムがあったり、今を生きやすくなる人が増える社会になったら素敵だなあと思います。私にもできることを考えながら、日々を送っていくつもりです。

 

 

また追加で発見したことや、わかりやすくまとめられる機会があったら追記します🌸